コンタクトレンズを買う前に、眼科専門医に相談しよう!

コンタクトレンズは、直接、目に入れる医療機器です。医師に処方してもらう医療機器です。コンタクトレンズを処方する際の検査では、角膜、結膜、涙液などを含めたたくさんの目の情報をより多く集め、その人の眼にあったコンタクトレンズを選択しなければなりません。眼科医は、視力はもちろんのこと、さまざまな検査で隠れた目の病気はないかをチェックし、コンタクトレンズの適応などを判断してから、角膜の形状、目の度数などを測定して処方を決め、そしてレンズケアの方法を指導してくれます。近年はコンタクトレンズの素材やケア用品の種類が増えてきたので、コンタクトレンズに詳しい眼科医に処方してもらう必要性が、より高くなっています。

コンタクトレンズは目に直接のせて使用するものなので、視力や角膜のカーブの状態だけでなく、涙の量やレンズの動き、使用目的などを総合して処方されます。また、コンタクトレンズは医療機器なので、これらの検眼や処方は医師、特に眼科医しかできないので、必ず眼科医の検眼や処方を受けてから購入しましょう。コンタクトレンズのはめ方やはずし方、目の異常時の処置、ケアの方法、定期検査と装用時間などについて、必ず眼科医に相談しましょう。

おしゃれを気にする方が、ファッションを目的とした、カラーコンタクトレンズを購入する際でも、必ず眼科医に相談して下さい。視力の補正が目的ではないカラーコンタクトレンズについては、使用者の不適切な使用によって、結膜炎、角膜炎、などの健康被害の発生のほか、レンズ自体の不良による眼障害なども報告されています。また、カラーコンタクトレンズは使い方を間違えば、失明する可能性もあります。特殊なコンタクトレンズ(乱視用、遠近両用、強度の近視用)、円錐角膜やアレルギー体質(アレルギー性結膜炎など)についても、まず、眼科医に相談して下さい。近年では、手軽に手に入れられる、時間がないからなどを理由に、インターネット販売や通販が安いからといって、専門の眼科医の検眼や処方を受けずに購入するのは危険です。目の状態は日々変化し続けているので、コンタクトレンズの購入または買い替えの前には、必ず眼科医に相談して定期検査や処方を受けましょう。

また、当サイトでは正確な情報を配信するように心がけていますが、それを保障するわけではありません。当サイトの利用により損害が発生したとしても、如何なる責任も負いませんので、あらかじめご了承ください。また、当サイトには広告が掲載されていることもありますが、広告の利用による損害も責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

コンタクト通販のトップページ